SONY(ソニー)・非接触ICカード型の仮想通貨ハードウォレット技術を開発

SONY(ソニー)・非接触ICカード型の仮想通貨ハードウォレット技術を開発

ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)は、ソニーのICカード技術を応用した非接触ICカード型の「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を開発したことを10月23日のプレスリリースで発表しました。

仮想通貨ハードウェアウォレット技術

プレスリリースによると、今回開発された『仮想通貨ハードウェアウォレット技術』は、USBでPCと接続する代表的な既存のハードウェアウォレットと異なり、ICカード型であるため、持ち運びや利便性に優れ、信頼度の高い*耐タンパー性のあるICカード内モジュールで安全に秘密鍵を生成・保存することができると説明されている。

※耐タンパー性→外部からの不正なデータの改ざん・解析に対する強度

《引用元⇒sonycsl.co.jp

今回開発した「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」は、仮想通貨の取引に使用する秘密鍵の管理だけでなく、例えば、ブロックチェーン技術を応用した個人情報管理システムにおいて、ユーザーが個人情報の利用許諾をするために使用する秘密鍵の管理など、様々なアプリケーションへの応用が可能なインフラ技術です。

ソニーCSLでは、ブロックチェーン技術のさらなる普及を目指して、今回発表された「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」の事業化に向けた取り組みを進めていくと述べている。

スポンサーリンク


既存のハードウェアウォレットと言えばLedgerなどが有名ですが、世界的に知名度のあるソニーのブランドで販売されるとすれば、広く普及するかもしれませんね。
これはウォレットだけに限った話じゃありませんけど、仮想通貨を所持した事が無い人にとって、管理する事に対する不安ってハードルになってると思うんです。
最初はクリック1つ、コピペ1つに不安を感じるのも当然ですもんね。日本人が慣れ親しんだSONYからの今回のニュースは個人的に期待大です!

※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。

The following two tabs change content below.
■管理人 hayapo
■管理人 hayapo
【脳筋ゴリラのマネーゲーム】【仮想通貨が使えるお店】の管理人。ゲームと麻雀をこよなく愛する。Webサイトの管理・仮想通貨取引を行うにも関わらず、いまいちアナログから抜け出せない残念な人。 座右の銘は[乾坤一擲]だが、実際は守備型ジリ貧なしくずしタイプ。