中途半端なwebサイトを作るよりFaceBook

先に言っておきますが、この記事はFaceBookのステマでも宣伝でもありません。

様々なサイトの情報を見ながらお店の情報を掲載しているうちに、以下のようなサイトがいくつかありました。これって割と深刻な問題なんじゃないかなーと思ったので記事にしました。

住所の表記がない(分かり難い)

お店が気になっても、場所が分からないと行けませんからね。
実際に何店舗かは、他の情報サイトやグーグルから住所を引っ張りました。

営業時間の表記がない(分かり難い)

管理人は「たまたまお店に遊び行ったら、たまたま休み」という星の元に生まれています。
どんな星だよ。という突っ込みは置いといて、営業時間や定休日については明確じゃなければ新規開拓のお店には行ってみようとは思いません。

何の店なのか分からない(分かり難い)

とりあえず作ってみました的なやつ。昭和サイトが蔓延っている時代には沢山ありましたね。

スマホサイトがない

前の記事でも触れていますが、大体8割がスマホからのアクセスです。気にならない人は気にならないと思いますが、PCサイトをスマホで開いた時の文字の読みにくさとタップの面倒さは迷惑レベル。


あなたのサイトはこんな状態かもしれませんよ。

FaceBook作った人すげぇな~

結局ユーザーが欲しがる情報って「住所/営業中かどうか/どんなお店なのか/イベント情報」だと思います。
何が凄いって個性が多少死んでも、フェイスブックだとユーザーが欲しがる情報が一目瞭然なんですよ。
更にほとんどがテキストで構成されているので、翻訳機能に対応出来るのも大きなポイント。

優れた公式サイトを持つことがベストですが、全てがそうなるとは限りません。
私もwebサイトを作る(もしくは依頼する)際には気をつけておきたいところです。

ちなみにですが、管理人はFaceBook完全放置です。土足でズケズケ入ってこられる感が苦手です。
元恋人の情報とか、頼むから勝手に引っ張ってこないでw

The following two tabs change content below.
tomo
tomo
仮想通貨まとめニュースで記事かいてます。よく迷子になります。好きなもの:コーヒー、お酒、JoJo