Google・Playストアの悪意あるアプリを排除

Google・Playストアの悪意あるアプリ

Googleが最近発表したGoogle Playストアに関連するデータ統計によると、2017年は70万以上の悪意あるアプリがストア上から削除され、10万以上の開発者アカウントが削除されています。

スマホは標的

近年のサイバー犯罪者は、スマートフォンなどのモバイル端末を明確な標的としています。
この傾向は数年前より年々増加し、Google Playストアではユーザーを犯罪者から守る為に徹底した取り組みを行っています。

2017年は、ユーザーが悪意あるアプリをインストールする確率を半減させ、人々やデバイスを害から守り、アプリエコシステムを悪用しようとする人にとって、Google Playをより困難な場所にしました。
また、GoogleはPlayストアに繰り返し登録する犯罪者や悪質な開発者ネットワークを大規模に特定できる新しい検出モデルと技術を開発しました。
これにより、2017年に10万人の悪意ある開発者が識別され、新しいアカウントを作成し、さらに別の悪質なアプリを公開しようとするのがより困難になりました。

スポンサーリンク

ユーザー自身も注意しよう

私達が出来ることは少ないですが、基本的な事をしっかり意識しておきましょう。

・アプリを紹介するサイトは信頼できる場所なのか?

詐欺まがいのICOや、フォーク芸の公式ページなどから安易にアプリをダウンロードしない。

・そのアプリは本当に公式アプリ?

取引所のアプリなどは、取引所の公式サイトから移動してダウンロードしましょう。

・接続先は本当に公式サイト?

取引所や銀行など「お金に関するサイト」は、必ず公式サイトをブックマークしておき、そこから開きましょう。
URLやデザインを似せた[偽サイト]が出てきても不思議じゃありません。


昨年も取引所のアプリに偽装した悪意あるアプリが、ログイン情報やユーザー情報を盗み出したなどの報告があります。

その他の例にも共通して言える防衛策は、やっぱり「安易にインストールしない」のが重要だと思います。
特にICOやフォーク芸のサイトからのアプリは注意が必要です。
そもそも最初から騙すつもりのICOなどもありますし「早く始めればたくさん儲かる」を宣伝文句にしていますからね。
今後もそういったアプリやサイトは数多く出てくるでしょうし、初心を忘れずに[安全第一]でいきましょう!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
themerkle.com
android-developers.googleblog.com

The following two tabs change content below.
■管理人 hayapo
■管理人 hayapo
仮想通貨まとめNEWSの管理人。ゲームと麻雀をこよなく愛する。Webサイトの管理・仮想通貨取引を行うにも関わらず、いまいちアナログから抜け出せない残念な人。 座右の銘は[乾坤一擲]だが、実際は守備型ジリ貧なしくずしタイプ。