Google・広告ポリシーを更新し、仮想通貨関連広告を条件付きで許可へ

Google・仮想通貨関連広告を条件付きで許可へ

検索エンジン大手Googleは、広告ポリシー「金融商品およびサービス」を更新し、今年6月から制限されていた仮想通貨関連広告を、10月から条件付きで許可する方針をアナウンスしました。
※広告ポリシー⇒広告の利用規約的なもの

広告ポリシーを更新

更新されたGoogleの広告ポリシーによると、規制対象だった仮想通貨取引に関連した広告が、条件付きで許可されるようになるとアナウンスされている。
10月に更新されたポリシーが施行されると、広告主は配信先となる国ごとのGoogleに承認を申請する事が可能になるとのこと。

《引用元⇒support.google.com


スポンサーリンク

制限緩和が仮想通貨業界の追い風となるか

今年6月、仮想通貨および関連コンテンツと、他の金融商品への制限と配信停止の発表時には、「悪質な広告の増加・危険なサイトへの誘導」などの事例がその理由に挙げられていました。

昨年末以降、Facebook・Twitterなどの大手ソーシャルメディアが仮想通貨関連広告を制限する取り組みを開始し、今年6月には検索エンジンBingも広告に関する制限を発表しています。
今回のGoogleポリシーの更新は、広告制限を受ける他の様々な金融関連商品と比べ、仮想通貨が消費者から一定の認知度と理解を得た結果とも考えられるのではないだろうか。


ちょうど一年前くらいから、仮想通貨を題材にした怪しい広告が一気に増えましたし、GoogleやFacebookなどから制限が入ったのは仕方ないよなぁと思っていました。
Googleに申請が必要とはいえ、思ったより短期間で緩和されたようですね。

※参照元※この記事はコチラを参考に執筆しました。
support.google.com
bitcoinist.com

The following two tabs change content below.
■管理人 hayapo
■管理人 hayapo
仮想通貨まとめNEWSの管理人。ゲームと麻雀をこよなく愛する。Webサイトの管理・仮想通貨取引を行うにも関わらず、いまいちアナログから抜け出せない残念な人。 座右の銘は[乾坤一擲]だが、実際は守備型ジリ貧なしくずしタイプ。