GMOインターネットグループ・給与の一部をビットコインで支給する制度を導入

GMOは給与の一部をビットコインで支給

GMOインターネットグループは、2018年3月支給の給与分より、給与の一部を[ビットコインで受け取る事ができる]制度の導入を発表しました。
GMOの公式ページによると、この制度はビットコイン購入を目的とした給与控除を行う事で、給与手取り額の一部をビットコインで受け取る事ができる制度だという。
当面はGMOインターネット株式会社から導入し、順次GMOグループ全体へと広げていく予定だとしています。

導入の目的は?

GMO公式ページから引用

インターネットの普及は、世界から「情報」の障壁を取り除き、社会変革を世界中にもたらしました。昨今、注目を集めている仮想通貨は、今後さらに普及が進むことで、「お金(金融)」に関する障壁を世界から取り除き、金融や経済といった側面から新たな変革を起こす可能性を秘めていると考えます。

GMOインターネットグループにおいても、2017年5月の仮想通貨売買・FX事業の開始を皮切りに、仮想通貨分野への取り組みを本格化しました。また9月には、これまで培ってきた国内No.1規模のインターネットインフラサービスと、FX取引高世界No.1の金融サービスの技術力・ノウハウを活かし、ビットコインの採掘(マイニング)事業への参入を表明しています。マイニング事業は、現在、2018年1月からの事業開始に向けて準備を進めております。
GMOインターネットグループでは、こうした仮想通貨への取り組みをより一層強化していくためには、まずはパートナー(従業員)が積極的に仮想通貨に触れることが、仮想通貨リテラシーの向上と、仮想通貨事業の発展に不可欠であると考えました。

そこで、このたびGMOインターネットグループは、国内パートナーの仮想通貨の保有を促進するべく、給与の手取りの一部をビットコインで受け取ることのできる制度を設け、グループで導入していくことといたしました。

なるほど~。要は今後も仮想通貨の業界でいろいろがんばるから、従業員にも仮想通貨に触れてもらう事で知識や対応力を深めようという意図みたいですね。
GMOといえば、仮想通貨取引にFX、さらにはマイニング事業への参入やら色々と取り組んでいますもんね。

どういった形で制度を導入する?

GMO公式ページから引用

<制度設計(案)>
本人の希望(申し込み)により、給与の手取り支給額の一部をビットコインで受け取り可能にする
・申込金額は、下限1万円/上限10万円まで1万円刻みで購入が可能
・申込金額分を給与から天引きする方法で、同金額相当をビットコインの購入に充てる
・購入したビットコインは、給与支給日に「GMOコイン」*で開設した各パートナーの口座へ振り込む
・会社は、申込金額の10%を「奨励金としてパートナーに手当を支給
※ビットコイン支給額の換算レートについては検討中

ふむふむ…要はビットコイン払いを申し込んだ分の10%を「奨励金」として手当を出す…と。
ビットコインで受け取るかどうかは本人の意志次第で、申込み=ちょい給料UPみたいなものですよね。
それだけのコストを使ってでも、従業員に仮想通貨に触れてほしいという事なんでしょう。
今後もっと仮想通貨市場が大きくなった時には、自社で働いてくれる従業員に知識があるかどうかってすごく重要だもんなぁ…。

一昔前までは、仮想通貨って[うさんくさい]印象がつきものでしたけど、こういう取り組みで、あまり仮想通貨に興味が無い人達にも、『大企業が給料の支払いに使うくらいのものなのか!』というイメージがつくといいなと思いました!

The following two tabs change content below.
■管理人 hayapo
■管理人 hayapo
仮想通貨まとめNEWSの管理人。ゲームと麻雀をこよなく愛する。Webサイトの管理・仮想通貨取引を行うにも関わらず、いまいちアナログから抜け出せない残念な人。 座右の銘は[乾坤一擲]だが、実際は守備型ジリ貧なしくずしタイプ。