送金アプリ MoneyTap(マネータップ)がサービス開始!

MoneyTap(マネータップ)がサービス開始!

10月4日、SBI Ripple Asiaが事務局を務める「内外為替一元化コンソーシアム」は、送金アプリMoneyTap/マネータップ》のサービスを開始しました。

MoneyTap/マネータップ

このアプリは、Ripple社のソリューション「xCurrent」を利用した送金アプリで、銀行口座から銀行口座への直接送金、即着金を実現しています。
利用者は24時間365日いつでも直接送金を行う事ができます。

WEBサイトによると、マネータップはiOS・Android両方のデバイスで利用可能で、ダウンロードや登録は無料。
口座番号だけではなく、QRコード・電話番号からも送金が可能、デバイスの生体認証機能と組み合わせることで、ユーザーの利便性とセキュリティの両立を図っている。

現時点では、「住信SBIネット銀行・スルガ銀行・りそな銀行」の口座間で送金を行うことが可能で、所定範囲内であれば振込手数料は無料で利用でき、対応銀行は順次増加していく予定だと説明されている。

《※引用元→support.moneytap.jp

関連ページまとめ

moneytap公式

住信SBIネット銀行プレスリリース

SBI Ripple Asia CEO:沖田 貴史氏Twitter


サービス開始のニュースを見かけ、意気揚々とダウンロードしてみたんですが…対応している3行の銀行口座を持っていないので登録画面から先に進めず、涙を浮かべながらアプリを閉じました(´;ω;`)
Twitterなどで実際に使ってみた人の意見を見ると、称賛する意見が大多数だったように感じました。
24時間振込可能で即着金、手数料も無料とくれば言う事なしですもんね。

いわゆるメガバンクが対応すれば一気に普及するかもしれません。個人的に興味がある部分として、沖田 貴史氏のこのツイートです。

小規模な店舗や自営業などでも、コストを気にせず導入できるなら、昨今話題になっている「キャッシュレス推進」との相性もいいですよね。
まずは対応する銀行の増加が必要ですが、個人的に将来が楽しみなアプリです。

※参照元※この記事はコチラを参考に執筆しました。
www.sbigroup.co.jp
moneytap.jp

The following two tabs change content below.
■管理人 hayapo
■管理人 hayapo
仮想通貨まとめNEWSの管理人。ゲームと麻雀をこよなく愛する。Webサイトの管理・仮想通貨取引を行うにも関わらず、いまいちアナログから抜け出せない残念な人。 座右の銘は[乾坤一擲]だが、実際は守備型ジリ貧なしくずしタイプ。