米・取引アプリ〔Robinhood〕、取引機能にLTC、BCHを追加

米・取引アプリ〔Robinhood〕LTC、BCH取引を追加

アメリカを拠点とする株・仮想通貨取引アプリRobinhood(ロビンフッド)は、仮想通貨取引機能に《Litecoin(LTC)、Bitcoin cash(BCH)》を新しく追加することを発表しました。

〔Robinhood〕

元々は株取引アプリとして知られていた〔Robinhood〕は、2018年2月に仮想通貨取引機能をリリースしました。
リリース時には予定された事前登録人数を1週間程で達成し多くのユーザーから支持されています。
若者に人気があり、アプリでの取引手数料ゼロが大きな特徴です。

たしかアプリ上の取引価格に、最初から手数料が含まれているような感じだったと記憶しています。

さらなる拡大を目指す

Robinhoodでは、2月の開始当初は国内5州でのサービス提供を行っていましたが、現在その提供地域は17州に拡大しています。
今回の発表の中で、取り扱い通貨種類の追加と、サービス提供地域の拡大につながったユーザーの支持に感謝し、今後さらにサービスを拡大していく予定だとしています。

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.coindesk.com
blog.robinhood.com

The following two tabs change content below.
■管理人 hayapo
■管理人 hayapo
【脳筋ゴリラのマネーゲーム】【仮想通貨が使えるお店】の管理人。ゲームと麻雀をこよなく愛する。Webサイトの管理・仮想通貨取引を行うにも関わらず、いまいちアナログから抜け出せない残念な人。 座右の銘は[乾坤一擲]だが、実際は守備型ジリ貧なしくずしタイプ。