楽天、みんなのビットコイン株式会社を買収し仮想通貨交換業へ

楽天、仮想通貨交換業へ

楽天株式会社は、連結子会社の楽天カード株式会社を通じ、仮想通貨交換業「みんなのビットコイン株式会社」の全株式を取得することを発表しました。

楽天傘下で交換業者の登録を目指す

プレスリリースによると、買収額は2億6500万円、みんなのビットコイン社の全株式をトレイダーズインベストメントから取得し、株式譲渡実行予定日は10月1日と発表されている。

みんなのビットコイン社は、現状では金融庁への正式登録前の「みなし業者」だ。今年4月には、金融庁からの業務改善命令を受け、指摘事項の改善を進めていた。
みんなのビットコイン社が楽天グループの傘下に入ることで、事業のさらなる安定と拡大とともにユーザーへの新たなサービスの提供を実現できると判断し、株式譲渡に至ったと経緯が説明されている。

これまでのみんなのビットコインによる仮想通貨交換業のノウハウと楽天グループの広範な金融事業におけるノウハウを合わせ、事業体制の確立を行うことで、早期の仮想通貨交換業者としての登録と今後の仮想通貨に関するサービス発展に向けた事業展開が期待できると判断し、今回の株式取得の決定に至りました。


管理体制の構築や利用者保護、なにをするにしても資金が必要になりますもんね。
早期に金融庁への登録を済ませるという点からも、お互いにメリットがあるのかもしれません。

企業としての知名度もありますし、「楽天が取り扱っている」というだけで世間の印象はけっこう違ってくるかも。
特に「ビットコインとかよくわからないけど、怪しいヤツでしょ?」という認識を持っている人なんかには、影響が大きそうに思います。

※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
jp.reuters.com

The following two tabs change content below.
■管理人 hayapo
■管理人 hayapo
【脳筋ゴリラのマネーゲーム】【仮想通貨が使えるお店】の管理人。ゲームと麻雀をこよなく愛する。Webサイトの管理・仮想通貨取引を行うにも関わらず、いまいちアナログから抜け出せない残念な人。 座右の銘は[乾坤一擲]だが、実際は守備型ジリ貧なしくずしタイプ。