ワールドカップ開催地のホテルでビットコイン決済

ワールドカップ開催地のホテルでビットコイン決済

今年ロシアで開催される2018FIFAワールドカップ。試合会場の1つであるロシア西部のカリーニングラード州では、ホテル利用者へのビットコイン決済サービスの提供を行っています。

旅行先のホテルでBTC決済

このサービスは、カリーニングラードにあるアパートホテルのネットワークと、バルト海沿岸のリゾートタウンにあるApartments Malinaが、現地の決済プロバイダー〔free-kassa〕と共に提供しています。

Apartments Malinaのマネージャー Anna Subbotina氏

「仮想通貨への関心が高まってきており、徐々に支払方法として根付くでしょう。我々は、この革新的な技術を使用してファンがサービスに対価を支払うことができるようにすることを決めました」

Free-Kassa:Vitaly Lavrov氏

「ホテルとはまだ仕事をしていないので、これは面白い経験です。ホテル業界は新しいトレンドに非常に敏感です」
現地ではワールドカップ開催が近づくにつれて宿泊料金が上昇し、6月末の予約は18,000ロシアルーブル(300ドル)を超える費用がかかり、普段の10倍程度だという。

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com
press-release.ru

The following two tabs change content below.
■管理人 hayapo
■管理人 hayapo
仮想通貨まとめNEWSの管理人。ゲームと麻雀をこよなく愛する。Webサイトの管理・仮想通貨取引を行うにも関わらず、いまいちアナログから抜け出せない残念な人。 座右の銘は[乾坤一擲]だが、実際は守備型ジリ貧なしくずしタイプ。