マイニング目的の需要減少が影響?GPUメーカー大手〔NVIDIA〕の株価が下落

GPUメーカー大手〔NVIDIA〕株下落

アメリカ・カリフォルニアに本社を置くGPUメーカー大手のNVIDIAが11月15日に発表した2018年第3四半期の決算では、売上高が市場予想に届かず、収益が鈍化した事を受けて株価の下落に繋がった。

マイニング目的の需要低迷

この収益鈍化の大部分は、仮想通貨マイニングの需要減少に関連していると言及されています。
2017年後半の仮想通貨価格の急騰、その後の下落により、マイニング目的で使用されるNVIDIAのプロセッサに対する需要も大きく減少しました。
その結果、NVIDIAには当初予想されていたよりも多くの在庫が積み上がる結果に繋がりました。

NVIDIA CEO:Jensen Huang氏は、ロイターに以下のように述べている。

NVIDIAのグラボ価格は、仮想通貨のブームによってマイナー(採掘者)が、膨大な量のグラボを購入する事で上昇し、一部の買い手を遠ざける形になった。
ブームが後退してグラボ価格が下落すれば、以前からの消費者が戻ることで販売数量が再び増加すると予想していたが、そのプロセスが予想よりも遅れている。

「仮想通貨(ブーム)の余波が予想以上に長く続いた」



スポンサーリンク

昨年、仮想通貨への関心が一気に高まった時期には、私自身もマイニング目的でグラフィックボード(グラボ)を購入しています。
世界的に供給不足で、特定のグラボが高騰したり、手に入りづらいなどの時期がありました。
ライバルメーカーのAMDが新グラボを販売開始した時には、数分で完売したなどのニュースがありました。

供給不足を解消するために増産したら、年明けからの仮想通貨の相場下落でマイニング需要も影響を受け…売る側も大変ですよね。
とはいえ…ゲーム好きなら誰もが知るところのNVIDIAに影響を与えるところまで、仮想通貨やマイニングの市場が大きくなってるのは素直にスゴイなって思いました。

※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.nikkei.com
www.reuters.com

The following two tabs change content below.
■管理人 hayapo
■管理人 hayapo
【脳筋ゴリラのマネーゲーム】【仮想通貨が使えるお店】の管理人。ゲームと麻雀をこよなく愛する。Webサイトの管理・仮想通貨取引を行うにも関わらず、いまいちアナログから抜け出せない残念な人。 座右の銘は[乾坤一擲]だが、実際は守備型ジリ貧なしくずしタイプ。

記事を書いてお店をアピール★

SNSアカウントでも簡単に登録できます

脳筋ゴリラのマネーゲーム

管理人が運営するお金と仮想通貨のサイト

写真素材を借りてます。ありがとうございます。

自分のお店が載ってない?今すぐ報告!