ビットコイン価格の乱高下の理由

ここのところビットコインの乱高下が凄いですね。
240万円付近までいったと思えば、4時間で170万円台まで下落。そして昨日には200万円台回復。確かに仮想通貨の相場はよく荒れますが、それにしても酷い乱高下。ビットコインを大量に所持している人達は、ハラハラしたんじゃないでしょうか。

先物取引が関係している?

影響力の大きい大型投資家がどんどん仮想通貨市場に参入することで、価格の変動が激しくなっように思います。

FX等やったことがある人なら聞いたことがあるかもしれませんが、特徴として空売り注文(ショート)がありますからね。聞いたことが無い人のために凄い簡単に説明すると
「買い」(ロング)→価格が今より上がれば儲かる。価格が下がれば損失。
「売り」(ショート)→価格が今より下がれば儲かる。価格が上がれば損失。

先物参入は失敗?

勿論マイナスだけじゃありません。話題性が十分あるし、巨大なマーケットに参入したことでより知名度を高めたと思います。しかしながら、このような価格の乱高下が続くとギャンブル性の高い投資対象として認識され、仮想通貨をはじめとするビットコインの一般流通に影響がでそうな気がします。 

管理人としては沢山の方に仮想通貨に触れて欲しいので有名になってくれるのは嬉しいですが、一般利用者の市場参入を妨げるようになって欲しくないと願うばかり。一所懸命作ったこのサイトが活躍する日が来て欲しいです。

どうやら投資家達は密に連絡を取り合っている様子

11月12日、当時の相場でおよそ1億5900万ドル(約180億円)に上る2万5000ビットコイン前後を誰かがオンラインの取引所に移動させ、ネット上の掲示板は騒然となった。ビットコインのトレーダーらは、保有者による売却が近いことを示唆する動きだとささやき合った。
出典:ビットコイン、約4割を1000人の「クジラ」が保有か-売買で結託の恐れ – Bloomberg

簡単に言うと「ビットコインが○円になったら売るぜ!」なんて話が大型投資家達の間にあったようです。これらの勢力がビットコインの4割を保有しているというのだから、相場の操作は難しいことじゃないでしょう。これらを参加者みんなで把握し、上手く皆で連携すれば参加者達は大儲けってことです。

ハイレバレッジは危険

※レバレッジ=証拠金を使って数倍の取引をすること。
例)レバレッジ10倍→10万円の証拠金で100万円分の取引が可能。儲けも10倍だけど損失も10倍。

儲けも大きいですが急な下落に耐えられなくなるので、今のような乱高下が多い時期はハイレバは止めた方が良いです。管理人もここ一番の大勝負!というところ以外は使いません。ハイレバ取引をするのであれば、必ず逆指値を入れておいたほうが良いですよ!

ちなみにGMOでビットコインのレバレッジ取引ができますが、ほどほどにしましょう。

急激な価格上昇がビットコイン普及の足かせにならなければ良いですねえ。

※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。

 virtualmoney.jp 

仮想通貨ビットコイン価格「乱高下」の理由|先物上場“空売り恐怖”と大口保有者ク…

仮想通貨ビットコインが200万円を超え、4時間で170万円まで下落。150万円まで落ちましたが、先ほどすでに190万円まで上昇しています。この「乱高下」は、なぜおきているのでしょうか。先物取引上場のニュースが実は吉凶の両方を備えているのです。先物取引の「空売
The following two tabs change content below.
tomo
tomo
仮想通貨まとめニュースで記事かいてます。よく迷子になります。好きなもの:コーヒー、お酒、JoJo