ニューヨーク証券取引所の親会社、仮想通貨関連の新会社設立を発表。実需拡大に繋がるか!?

ニューヨーク証券取引所の親会社、仮想通貨関連の新会社設立を発表。実需拡大に繋がるか!?

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社、インター・コンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)は、8月3日のプレスリリースで、新しい仮想通貨取引・決済などの統合プラットフォームBakkt』の設立を発表しました。

Bakkt

新会社『Bakkt』は、マイクロソフト、スターバックスなどの企業と提携し、消費者および金融機関がデジタル資産をシームレスに購入、販売、保管、使用(支払い)できる統合プラットフォームとしてサービスを提供する予定。
プレスリリースによると、最初の使用事例は、世界で最も流動性があるという点から、ビットコインと法定通貨の取引から提供される見通しだ。

Bakkt CEO:Kelly Loeffler氏

「Bakktは、効率、セキュリティ、および有用性の向上を促進することにより、機関投資家、加盟店および消費者のデジタル資産への参加を拡大するための役割を果たすように設計されています」
「我々は、グローバル市場と商取引におけるデジタル資産の潜在的可能性を解明するオープンプラットフォームを構築する為に協力しています」

スポンサーリンク

BTC先物取引の提供も

ICEは『Bakkt』の提供と共に、ビットコイン先物の上場を計画している。
商品が米国商品先物取引委員会(CFTC)の承認を受けた場合、今年11月に取引が開始される見通しだ。

実需拡大の起爆剤になるか

プレスリリースでは、Bakktの今後の運用などの詳細は、今後数週間で発表される予定だとしている。
長い歴史を持つ大手金融機関であるICE、IT界の巨人マイクロソフト、コーヒー界の王者スターバックス、これらの企業がタッグを組んでの参入という事もあり、実際の決済手段としての仮想通貨の普及に、大きな貢献を果たす可能性がある。


具体的にどういった形で運用されるかなどの詳細は、今後に発表だそうです。
これだけの大御所が並ぶと期待しちゃいますね!
スタートが好調なら他の小売業者がBakktを導入するキッカケにもなるでしょうし、展開によっては急激に需要が拡大するかもしれませんね。

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
bitcoinmagazine.com
businesswire.com

The following two tabs change content below.
■管理人 hayapo
■管理人 hayapo
【脳筋ゴリラのマネーゲーム】【仮想通貨が使えるお店】の管理人。ゲームと麻雀をこよなく愛する。Webサイトの管理・仮想通貨取引を行うにも関わらず、いまいちアナログから抜け出せない残念な人。 座右の銘は[乾坤一擲]だが、実際は守備型ジリ貧なしくずしタイプ。

記事を書いてお店をアピール★

SNSアカウントでも簡単に登録できます

脳筋ゴリラのマネーゲーム

管理人が運営するお金と仮想通貨のサイト

写真素材を借りてます。ありがとうございます。

自分のお店が載ってない?今すぐ報告!