チェコ・プラハの地下鉄に10台の仮想通貨ATM

チェコ・プラハの地下鉄に10台の仮想通貨ATM

ビットコインATMメーカー〔General Bytes〕は、チェコ共和国・プラハの地下鉄に、10台の仮想通貨ATMを設置しました。

プラハの地下鉄は、一日あたり150万人以上が利用しており、ヨーロッパの中でも重要な交通機関の1つです。
この地域では、仮想通貨に関心の高い人々が生活しているとみられ、ATMの利用頻度についても期待されている。

チェコと仮想通貨

チェコ共和国では、仮想通貨に対して比較的寛容な姿勢を示しており、つい先日もエネルギー供給業者のPražskáPlynárenskáが、BTCによる支払いの受け入れを発表している。

今回の10台のATM設置により、チェコ共和国内には合計46台のマシンが稼働する事になり、そのうち27台がプラハに設置されています。


最近は仮想通貨ATM関連のニュースをよく見かけますよね。
coinatmradar.comの統計では、世界の設置台数は3000台を超えており、今後も設置数は増加する見込みです。

 

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com

The following two tabs change content below.
■管理人 hayapo
■管理人 hayapo
仮想通貨まとめNEWSの管理人。ゲームと麻雀をこよなく愛する。Webサイトの管理・仮想通貨取引を行うにも関わらず、いまいちアナログから抜け出せない残念な人。 座右の銘は[乾坤一擲]だが、実際は守備型ジリ貧なしくずしタイプ。