コインチェックがついに金融庁の登録業者へ?日経新聞が報道

コインチェックが金融庁の登録業者へ

12月19日の日経新聞電子版の報道によると、金融庁は仮想通貨取引所コインチェック(coincheck)を改正資金決済法に基づく登録業者として承認する方針だ。

市場の起爆剤になるか?

コインチェックは2018年1月に不正アクセスによる被害を受け、当時の相場で約580億円相当の仮想通貨NEM/XEM(ネム)が流出した。
事件後、コインチェックでは被害者に対して返金補償を行うなどの対応をとっていた。

金融庁は事件を受け、コインチェックに対し1月と3月に2度の業務改善命令を出している。
同社は、2018年4月にマネックスグループの完全子会社となり、内部管理体制、資金洗浄対策、顧客保護などの見直しを行っていた。

スポンサーリンク

金融庁の発表は年内にも

日経新聞の報道によれば、金融庁はコインチェックへの立ち入り検査などを進め、顧客資産を安全に守る体制が構築されたと判断し、登録業者としての承認を年内にも発表する方針だという。
コインチェックの登録が承認されれば、事実上”審査の順番待ち”状態だった、他の登録審査も再開される見通しだと報じられている。

マネックスグループ側は

一連の報道に対し、マネックスグループ株式会社は12月19日に声明を発表している。

※要点を抜粋

『コインチェック株式会社の登録について、審査中ではありますが、登録に関して発表された事実はございません』
『今後、開示すべき事実が発生した場合には、速やかに公表いたします』
以上のように報告している。


相場への影響なども考えると、金融庁からハッキリ発表されるまでは明言が難しいのかもしれませんね。
とはいえ、日経さんも何かソースがあって報じているんでしょうし、そう遠くない時期には何かしらの発表があるんじゃないかと期待したいところです。

個人的にはコインチェックのUI(ユーザーインターフェース)は優秀だと思っています。
取引手数料の面はアレですが、管理人は今でも初心者さんが最初に仮想通貨売買を体験するなら、コインチェックが使いやすいんじゃないかなぁと思ってます。
どこを使っても同じという印象になりやすい取引所において、しっかりした強みを持っている業者なのでガンバってほしいですね!

※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.nikkei.com

The following two tabs change content below.
■管理人 hayapo
■管理人 hayapo
【脳筋ゴリラのマネーゲーム】【仮想通貨が使えるお店】の管理人。ゲームと麻雀をこよなく愛する。Webサイトの管理・仮想通貨取引を行うにも関わらず、いまいちアナログから抜け出せない残念な人。 座右の銘は[乾坤一擲]だが、実際は守備型ジリ貧なしくずしタイプ。