インドの女性は勝負師?仮想通貨に対する1人当たりの平均投資額が男性の2倍

インドの女性は勝負師?

インドの仮想通貨取引所〔BuyUcoin〕が今年3月~6月にかけて6万人を対象に実施した調査によると、『インドの女性は男性に比べ、仮想通貨に対する1人当たりの平均投資額が約2倍』という結果が明らかになりました。
調査結果によれば、インドの女性投資家は平均14万ルピー(約22万円)を投資し、男性はその半分の7万ルピーが平均値となっている。

参入する年齢層に差が

この調査から発見された興味深い点は、仮想通貨投資に参入する年齢層に差がみられる点です。
女性の平均は40代、対して男性は30代です。
仮想通貨取引所ユーザーの男女比率は、ほとんどの地域で男性が9割以上を占めている。
仮想通貨に投資を行う女性の人数は少ないものの、投資を行っている女性は男性に比べて1人当たりの投資額が多いという興味深い結果が示されている。

BuyUcoin CEO:Shivam Thakral氏

通常、購入・取引をしている女性投資家は40歳以上です。したがって、これらの成熟した投資家は、より多くの資金を投入することができます。
一方、より多くの男性は、この投資家グループの平均年齢が30歳で、女性よりも早い時期に投資を始めます。

スポンサーリンク

政府の今後の動向に注目

インドでは、仮想通貨規制について明確な方向性が定まっていないのが現状だ。

政府財務省経済省官房長官 Subhash Chandra Garg氏の最近の声明では、仮想通貨規制に関する草案について、最終段階に入ったと語っている。
7月の上旬にも、当局から今後の指針が示される可能性が高い。
その結果により、現地投資家数の増減に大きな影響を与えることになるだろう。

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
bitcoinist.com
qz.com

The following two tabs change content below.
■管理人 hayapo
■管理人 hayapo
仮想通貨まとめNEWSの管理人。ゲームと麻雀をこよなく愛する。Webサイトの管理・仮想通貨取引を行うにも関わらず、いまいちアナログから抜け出せない残念な人。 座右の銘は[乾坤一擲]だが、実際は守備型ジリ貧なしくずしタイプ。