イギリスの送金会社 TransferGo が仮想通貨取引を開始

TransferGo が仮想通貨取引を開始

イギリス・ロンドンの送金サービス会社〔TransferGo〕は、送金事業者として初めて仮想通貨取引サービスの提供を開始しました。

ユーザーの要望に応える

新しく提供される仮想通貨取引サービスは、AndroidアプリとiOSアプリの両方で提供され、Bitcoin、Bitcoin Cash、Ethereum、XRP、Litecoin の取引が、TransferGoアプリから利用できます。

TransferGoは、現在65万人以上のユーザーを抱えており、毎日1,000人ほどの新規顧客を追加しています。
CEO:Daumantas Dvilinskas氏は、サービス開始からの数時間で4,000人以上のユーザーが新規登録を行ったと説明し、『シンプルで信頼性の高い投資と取引の環境が市場で強く求められている』と語っています。

仮想通貨は生活に浸透している

現状、送金サービスと仮想通貨取引サービスは、それぞれ個別のものであるとDvilinskas氏は説明しているが、その一方で仮想通貨に長期的な見通しを持っていると述べている。

『私達は、利用者がこれら(仮想通貨)にアクセスする為のシンプルで使いやすい環境を提供したいと考えています』
『仮想通貨はプラットフォームとして、生活に浸透しています』


スポンサーリンク


なるほど。普段から送金で使ってる所で仮想通貨取引ができるようになったと。
送金事業者としての今までの実績もありますから、新規参入する人にとっても敷居が低く感じられるように思います。
最初に報道を見かけた時は、送金と仮想通貨を絡ませた話なのかと思ったんですが、見た限りだと現状ではそれぞれ別のサービスとして提供しているみたいです。
とはいえ、将来的には何か構想を持っているかもしれませんね。

以前、記事にもしましたけど、管理人は国際送金の手続きでしんどい思いをした経験があります。
投資面だけじゃなく、決済・送金手段の1つとして、もっと仮想通貨が普及してほしいと思っています。

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.transfergo.com
www.ccn.com

The following two tabs change content below.
■管理人 hayapo
■管理人 hayapo
仮想通貨まとめNEWSの管理人。ゲームと麻雀をこよなく愛する。Webサイトの管理・仮想通貨取引を行うにも関わらず、いまいちアナログから抜け出せない残念な人。 座右の銘は[乾坤一擲]だが、実際は守備型ジリ貧なしくずしタイプ。