アルゼンチン・公共交通機関ICカードでBTCが使用可能に

アルゼンチン・公共交通機関ICカードでBTCが使用可能に

アルゼンチン全土37都市の公共交通機関では、バス・電車・地下鉄などで利用可能な非接触式ICカード「SUBE」に、ビットコインでの残高チャージが可能になりました。

SUBE

SUBEへのBTCチャージの受け入れは、オンラインカードプラットフォームを提供するAlto Viajeと、フィンテック企業Bitexの提携によって実現されました。
SUBEカードは、駅構内の端末や対応店舗でのチャージの他、Alto Viajeのウェブサイトからオンラインチャージが可能です。
BTCによるチャージは、Alto Viajeのウェブサイトから、Bitexを通じて利用する事ができます。

Alto Viajeディレクター:Luciano Verardo氏

「Alto Viajeから、安全で革新的なサービスを提供したい、Bitexとの提携により、支払いをビットコインと統合できます」

Bitex CMO:Manuel Beaudroit

「私達は、この種のプロジェクトが人々にとって、ビットコインのように革新的な技術をもたらし、それが日常生活で真の価値と用途を実証する上で、非常に重要であると考えています」


スポンサーリンク

日本で言うところのSuicaのようなICカードに、ビットコインでチャージが出来るようになったというニュースですね。
公共交通機関で使うICカードですから、これって地味に大きな一歩じゃないかと感じました。
アルゼンチンは金融危機の影響から、仮想通貨への関心が高まっているとのニュースも見かけますし、そういった背景が後押しになってるのかもしれませんね。

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
bitcoinist.com
www.cripto247.com

The following two tabs change content below.
■管理人 hayapo
■管理人 hayapo
【脳筋ゴリラのマネーゲーム】【仮想通貨が使えるお店】の管理人。ゲームと麻雀をこよなく愛する。Webサイトの管理・仮想通貨取引を行うにも関わらず、いまいちアナログから抜け出せない残念な人。 座右の銘は[乾坤一擲]だが、実際は守備型ジリ貧なしくずしタイプ。