アメリカ・取引アプリ〔Robinhood〕コロラド州でサービス開始

〔Robinhood〕コロラド州でサービス開始

アメリカの若者に人気のある仮想通貨取引アプリ〔Robinhood〕は、コロラド州へのサービス開始を発表しました。

〔Robinhood〕

元々は株取引アプリとして知られていた〔Robinhood〕は、2018年2月に仮想通貨取引機能をリリースしました。
リリース時には予定された事前登録人数を1週間程で達成し多くのユーザーを抱えています。

Robinhoodでは、多くのアルトコイン市場データを提供していますが、今後の取引サポートについては、現状では発表していません。
展開地域については、今後さらに多くの州で仮想通貨取引機能をリリースする予定としています。

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.ccn.com

The following two tabs change content below.
■管理人 hayapo
■管理人 hayapo
仮想通貨まとめNEWSの管理人。ゲームと麻雀をこよなく愛する。Webサイトの管理・仮想通貨取引を行うにも関わらず、いまいちアナログから抜け出せない残念な人。 座右の銘は[乾坤一擲]だが、実際は守備型ジリ貧なしくずしタイプ。