アイスランド・マイニング機器の大規模盗難事件が発生

マイニング機器の大規模盗難事件

アイスランドでは、ビットコインや他の仮想通貨のマイニングに使用するコンピューター600台以上が、データセンターから盗難によって消失しました。

4回の盗難で被害は約200万ドル

AP通信が報じるところによると、一連の盗難事件は昨年12月に3件、今年1月に1件発生している。
現在までに警備関係者を含む容疑者11人が逮捕され、2人が現在も拘束されており、被害額の概算は約200万ドル程になるとしている。

Reykjanes南西部の警察局長である Kjartansson氏は、この事件を組織的・計画的な犯行として主張しており、盗まれた機器が今後他の場所でマイニングに使用され、莫大な利益を上げる可能性があると述べている。Kjartansson氏は、事件について『北大西洋島嶼国で最大規模の盗難事件』と語っている。

スポンサーリンク

アイスランドとマイニング

アイスランドでは、涼しい気候、地熱発電・水力発電などのインフラにより、昨年から多くのマイニング事業者がデータセンターの開設を行っています。
警察は、アイスランド全土のエネルギー消費レベルの厳重な監視を続けており、窃盗犯がコンピューターを使用する事で生まれる異常に高いエネルギー使用量は、不法なビットコイン鉱山の所在を明らかにする可能性があります。


コンピューターという表現が何を指しているのかはハッキリしませんでしたが、仮にASIC(マイニング専用の機器)を600台盗んだにしても相当な規模ですよね。
仮想通貨ってデジタルだから、盗難と言えばハッキングとか詐欺だと思いがちですが、物理的な盗難や強盗などのニュースも意外と多いです。
他の国のニュースだと、拳銃を突き付けられて自分のスマホから犯罪者の指定するウォレットに、資産を送金させられたなどの報道も見かけます。

デジタルで対策を行うのも大事ですが…なによりも他人に対して『お金を持っている・儲かった』と知られないようにする事も重要だと思いますよ!
特にTwitterなど不特定多数の目があるところで、「億った!」「資産〇〇円」とかの発言は気をつけた方がいいと思います。

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.apnews.com
bitsonline.com

The following two tabs change content below.
■管理人 hayapo
■管理人 hayapo
仮想通貨まとめNEWSの管理人。ゲームと麻雀をこよなく愛する。Webサイトの管理・仮想通貨取引を行うにも関わらず、いまいちアナログから抜け出せない残念な人。 座右の銘は[乾坤一擲]だが、実際は守備型ジリ貧なしくずしタイプ。