〔リップル〕インドとラテンアメリカへのネットワーク拡大

リップルネットワークの拡大

Rippleチームは2月21日のプレスリリースで、新たな国際送金業者・銀行がネットワークに参加すると発表を行いました。

リップルへの新たな参加者

・インドの銀行 IndusInd bank
・ブラジルの銀行 ItaúUnibanco
・送金プロバイダー InstaReM・Beetech・Zip Remit

今後数ヶ月で、ItaúUnibancoはシンガポールの主要送金サービスプロバイダーであるInstaReM・インドの商業銀行IndusIndと共に、Ripple xCurrentを積極的に利用して国際金融サービスプロバイダー間の支払いを決済する予定です。ブラジルのBeetechとカナダのZip Remitは、中国の送金会社が2月にRippleNetに参加を表明しているため、中国の送金サービスプロバイダーとRIppleブロックチェーンネットワーク上の支払いを処理することを目指しています。

新興市場への拡大

Ripple事業開発責任者:Patrick Griffin氏は、特に新興市場の企業・消費者にとってグローバルな送金や支払いを行う場合にリップルのようなブロックチェーンソリューションがッ必要であると強調しました。
海外から母国に送金する個人、特に外国人労働者や国際企業のためのプロセスをシンプルにする事ができると説明しています。

金融機関が決済にブロックチェーン技術を採用すると、顧客のコストと時間が短縮されます。
これは財務に関して柔軟性が限られている途上国では不可欠です。
RippleNetに加入することで、金融機関はお互いの支払いに関する情報を伝達し、直ちに決済することができます。


なるほど、たしかに出稼ぎに来てる外国の人は送金が早く安くなったらすごく助かりますね。
自国と〔お金の価値〕が大きく違う国で働いている場合などは、銀行を使った既存の国際送金で必要な手数料はバカになりません。

リップルは世界を繋ぐことを目指しているので、拡大していくのは当然の歩みなんでしょうが、こうやって発表できるポジティブな情報が定期的にあるというのは大きいですよね。
リップルに関するこういう情報を目にする事で、XRPにも自然に注目が集まりますし。

2018年はリップルにとって重要な年になりそうです。
たくさんの企業・銀行とのパートナーシップの成果を、実際に利用する人達に実感させる事ができるかどうか、それが大事じゃないかなぁと思います。

リップルを購入するなら

個人的には「ビットバンク」が、手数料の面でもオススメできると思います。
面倒ナシですぐに購入したいなら「GMOコイン」もイイですね!

ビットバンクCC

GMOコイン

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.ccn.com
ripple.com

The following two tabs change content below.
■管理人 hayapo
■管理人 hayapo
【脳筋ゴリラのマネーゲーム】【仮想通貨が使えるお店】の管理人。ゲームと麻雀をこよなく愛する。Webサイトの管理・仮想通貨取引を行うにも関わらず、いまいちアナログから抜け出せない残念な人。 座右の銘は[乾坤一擲]だが、実際は守備型ジリ貧なしくずしタイプ。